損保ジャパン日本興亜の原付・バイクの自賠責保険「i自賠」・任意保険「バイク保険」をインターネットで申込み

サイトマップ

梅雨入りと完熟梅の甘露煮


紫陽花が見頃の季節になりましたね。
そんな今月の8日、東海と関東甲信が梅雨入りしたとみられる、との気象庁からの発表がありました。

とうとう梅雨に突入か・・・と思っていたら、ここ二日ほど爽やかなお天気が続きましたね。
天気予報の「貴重な梅雨の晴れ間」とのコメントに、大物の洗濯物にとりかかったり、お布団を干したりした人も多いのではないでしょうか?

ところで、今日6月11日は暦の上での「梅雨入り」なのだそうです。

この梅雨の時期になると、「梅雨」の字にもあるように、スーパーや八百屋さんに梅の実が並ぶようになりますよね。梅干しや梅酒など、梅を漬けるお宅では青く硬い青梅を買い求めることが多いのではないかと思います。
我が家も梅酒を漬けていたころはよく青梅を買ったものです。。。


ですがここ数年、我が家では黄色く熟し甘酸っぱい香りの漂う完熟梅を買っています。
その完熟した梅で甘露煮を作るのが梅雨の時期の楽しみになっているんです。


鍋に梅の実と砂糖を入れ、アクを丁寧に取り除きながらじっくりと煮含めると、ふっくら柔らかい梅の甘露煮が出来上がります。
実はもちろんのこと、甘露煮を煮詰めた蜜も、お湯やお水、炭酸水で割って飲み物として頂くことができます。
甘酸っぱくフルーティーで美味しいですよ!


梅にはクエン酸やリンゴ酸などの有機酸が含まれていて疲労回復にも効果があるといわれています。
暑さが増してくるこれからの季節、梅を食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?


トップページ

このページのTOPへ